水害から自社と地域を守る!土のう袋は水害対策の要

新素材で便利に

一般的に土のう袋といえば、河川工事などの土木作業に使われる土木資材のアイテムです。袋の中に、土砂を入れることによって、水や砂の流れをせき止める効果があります。最近では中身が従来の土砂タイプではなく、特殊な新素材を用いた進化した新しい土のう袋が登場しており、注目されています。

水害から自社と地域を守る!土のう袋は水害対策の要

土のう

防災対策に

近年では天候が急変しやすくゲリラ豪雨や竜巻なども起こりやすくなっています。都市部でもそうした被害が見られるため、防災意識が高まっているといえます。企業にとっても、防災対策を進めていくことは重要な問題です。水害などの被害が出れば業務に支障が出て経営が圧迫されてしまいます。また、社員や顧客の命を守るという大事な使命もあります。さらに、近隣住民や地域の安全を守るといった社会的な責任も担うはずです。

扱いやすい

土木工事で使用する土のう袋もニーズは高いですが、防災対策に特化した土のう袋が登場しています。新しい素材をつかっているため、保管や使用方法がとても簡単で手軽になっています。そのため、オフィスや店舗でも備蓄しているケースが増えてきています。

便利なワケ

新しいタイプの土のう袋は、使用するまではコンパクトで軽量です。パッと見ただけでは、土のう袋には見えないような形状です。狭いスペースでもたくさんの土のう袋を保管しておけます。この新しい土のう袋は、中身に吸水ポリマーを使用しており、水に浸して膨張させることによって土のう袋として使うことができるようになっています。捨てるときも、可燃ごみとして手軽に処分することができます。

ネット注文で手軽に

水害対策に有効な新素材の土のう袋は、インターネット販売もしています。そのため、どこの地域でも気軽に購入可能です。河川が氾濫しやすく水害の被害が多い地域は、積極的に対策グッズを備蓄をしていく必要がありますので、通販サイトでチェックするといいでしょう。

広告募集中